忍者ブログ
Admin / Write / Res

いきものまんざい

いきもの全般の話題
[4]  [3]  [2]  [1

[PR]

2017/10/20 (Fri) 19:23
Posted by yosshi
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クニマス再発見で保護・レッドリストに課題

秋田県の田沢湖で絶滅したと思われていたクニマスが、さかなクンや京都大学の中坊徹次教授のおかげで、山梨県の西湖で再発見されたことで、いろいろと課題が増えた。
その中でもクニマスをどう保護していくかと、どう生息調査をするか、そしてレッドリストの中で扱いをどうするかという点で対応が難しいようだ。


クニマスどうする 調査・レッドリスト変更…異例で困惑 asahi.com
http://www.asahi.com/eco/TKY201101060199.html
国のレッドリストで絶滅種に指定され、約70年ぶりに生息が確認された魚「クニマス」。発見場所の西湖がある山梨県は「どれだけ生息するか分からないのに、むやみに捕獲してよいものか」と調査の進め方に悩む。一方、レッドリストの見直し作業を進める環境省も、本来生息しない西湖に人の手で運ばれた経緯をどう評価すべきか、頭を抱えている。

天皇陛下が「奇跡の魚」とたたえたクニマス。再発見された西湖での生息状況は、ナゾに包まれている。過去に生息していた秋田県田沢湖での記録からは、冷たい水を好み、深い場所に生息し、1~3月を中心に産卵するとされる。だが、クニマスの生息を確認した京都大の中坊徹次教授は「西湖にいるクニマスは、個体数はもちろん、生息する水深なども、よく分かっていない」と話す。

山梨県富士河口湖町は12月15日、役場内にプロジェクト準備チームを立ち上げた。クニマスの保護にむけて環境省と西湖漁協の間を取り持つ狙いだが、「生業を営む中で漁協は何ができるか」と町は慎重だ。

三浦保明組合長も「今はまだ何もしていない」。ただ、組合員の多くは話し合いの場を設ける必要があると考えており、日程を調整中。西湖内でクニマスが多く生息する区域が分かれば、禁漁区にすることも検討しているが、一方で「禁漁区を設けるとクニマスの居場所を教えてしまうのでは」と懸念する声もある。

保護の面に関しては、クニマスが話題になった事で山梨県の西湖に釣り人などが大挙してやってくるかもしれない。
いっせいに釣られてしまっては、あっという間に数を減らしてしまうだろう。
また生息状況が分からないまま、西湖で捕獲調査を始めても場合によっては数を減らしてクニマスの生息数に大きなインパクトを与えるかもしれない。

山梨県の横内正明知事は発見の知らせを聞いてすぐ、「まずは生態調査をしなければならない」と、担当課に伝えた。しかし、網による捕獲調査について「実態が分からない中で、むやみに捕れない」と県の担当者。「速やかにやりたいが慎重さも必要」と打ち明ける。

中坊教授は「捕獲でクニマスの生息状況を悪化させる恐れがある。まずは漁業関係者から詳しい聞き取り調査をするべきだ」と指摘する。

一般的な水産物であれば、毎年の漁の中で漁獲高の推移があり、それで資源量や生息数の推測が出来る。
だがクニマスの場合はその漁獲のデータがないだろう。
地元ではクロマスと呼ばれてヒメマスの漁で一緒にかかっていたそうだが、別の種という事でクニマスだけ分けていなかったようだし。
だからこそ京都大学の中坊教授やさかなクンがヒメマスを取り寄せた時に、クロマス(クニマス)が混じって送られて来た訳だし。

となると京都大学の中坊教授の言うように、漁業関係者からどれくらいの割合でクニマスがかかっていたのか、時期はいつぐらいが多いのか少ないのか、網などでどういったときにかかっていたのかなどを詳細に聞き取り調査をして、クニマスの大体の生息数や生息している水深などを把握する必要がある。

レッドリストで「絶滅」扱いのクニマスをどう見直すかも難問だ。

西湖のクニマスは放流用の卵が田沢湖から運ばれ、子孫が生き残ったとみられる。

国のレッドリストには、他の地域から移入された魚類については評価の対象から除くというルールがある。「このルールを厳密に適用すれば、レッドリストの書類上は絶滅のままにするという考え方もないわけではない」(環境省野生生物課)。とはいうものの、長年、自然の湖で生息しており、一筋縄ではいかない。クニマスのためレッドリストに新たなランクや規定をつくる選択肢もあるという。

神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能宏専門研究員は「どんな生物であれ、本来の生息場所で滅び、別の場所で生きているなら『野生絶滅』に指定するべきだ」と話す。

レッドリストの見直しを行う検討会の分科会は次回、5~6月に開かれる。環境省は「クニマスの位置づけが最終的に決まるのは、2012年度末になる」としている。(上田真仁、柏原愛、山本智之)

レッドリストでのクニマスの扱いは、それを復活させるのか、それとも野生絶滅とするのか、別の基準を作るのか、と悩ましい所だろう。
確かに田沢湖の野生種としてはクニマスは絶滅している。
しかしすでに70年も西湖で自然に生きてきた種をどう扱うのかもむずかしい。
やはりクニマスには新しい基準を作るべきかもしれない。
むりやり今まである規定で、野生動物に当てはめるのも、また人工的に飼育されている種と同じ規定を当てはめるのもおかしいだろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

  • SEOブログパーツ
最新トラックバック
フリーエリア
レコメンデーションエンジン
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
リンク
社会っていろいろあるなぁ
たべP
宇宙猿人ポリ
水に浸かってるとふやけね?
コケっこレシピ
とんとん大好き
ちょうちょは風で運ばれる
リーマン日記
お役立ちウェブ
とーふとうふとーふー
歩けカタツムリ
ボールペンがころんだ
あんなこんな仕事術
理科少年
エルビスとダンス
ほうきにまたがり
ワールドん
目覚まし時計とボールペン
ぐろばるにゅ
階段を登ろう
かがっくん
ぼくの社会多事他事考察
楽に行きたい
あめんぼだってー
しゅんげー
やりたいしたいライフハック
洋画でしょうが
テクテクブログ
あっちこっちでっち
おもしろ世の常人の常
なんで空は青いの
文化だんしゃく
サルも驚いた
着る物わーらん
まつりごとのまつり
社会リモコン
深い海には何かいる
アプリソフトサラダ
海外どっこいネットニュース
ここまできたか よのなかは
よのにっき
SOBURON ETA
からだのみかた
エンタメ海外ぬーす
まわる歯車
ライフハック なにそれおいしいの?
風にふかれて
とれにゅの里
体にガタがくるまえに 
元気!やる気!やーまだ!
歩く洗面器
よもやま経済適当話
使えるフリーソフト
なーるほど ざ 世界
節約くんがくるぞー
人生楽ありゃ
たけやぶやけた
うまうまもぐもぐ
モォー牛肉がうまい
秘密戦隊サイエンス
生物と環境と心強さと~♪
科学はマジックじゃないのよ はっはぁー
芸能ネタからコマ
身のまわりのこと
ITっていうなぁ
カルチャーチョップ
かたづけよう整理整頓
パソコンのある生活
外国ってすげぇ
ノバンス雑記
食ネタ列伝
知恵とテクノロジー
経ざいざいざい
食べ物ばくばく
きになる小物、アイテム
芸があるのに芸能
空とぶぶた
海外こぼれ話
なんなのなんなの
セケンヲチ
出来事ドレッシング
企業の憂鬱
商売3畳
人間って難しい
インターネットは何をしたか
津々浦々
インテリアニュース
社会とネット
ほんまですか
えんたねす
世界は広いな大きいな
野菜を食べよう
Webサービスめも
Firefoxアドオンがんば
ねったーCO
インターホット
経済と秋の空
無重力でキャッチボール
コンバルケ
フリーエリア
Copyright ©  いきものまんざい All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]